シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第5話考察 チェインストーリー#5.5

シロクロ第5話、放送されました。
今回のストーリーは今までとは異なり、1話完結型の挿入話がありませんでした。
そしてラストでは門田が衝撃の姿になっていて大変驚きました。

より目が離せなくなってきたシロクロ、今回の記事でも考察ポイントをまとめていきたいと思います。
今回は今までよりも多いです。

偽のミスパンダと飼育員さんは誰なのか?


偽のミスパンダと飼育員さんはおそらく男女のペアだと思われます。
そして本物と同じくらいか少し劣るくらい強い…
このことから怪しいのは2組います。
・兄弟をショッピングモール爆破事件で亡くした中延陽一(結木滉星)と恭子(三倉茉奈
警視庁捜査一課の刑事・三津谷(高橋努)と坂下(江口のりこ)
です。
シロクロ公式ホームページのストーリーを見ると、次回直輝(横浜流星)は陽一と恭子に「人殺ししましたよね?」と迫るようです。
浜口の再審請求が通りそうだったということで動機も十分ですし、現時点ではこの遺族きょうだいが怪しさの上では軍配が上がる気がします。
そして偽ミスパンダが偽物だと皆が気付かない中、「天才美少女囲碁少女」の楓(吉田美月喜)は偽物を見破っているようでした。
無題.png


神代と直輝がタッグを組む


神代(要潤)と直輝がコアラ男事件でタッグを組むのは意外でした。
双方ともに利用し合うのですね。
ただ、直輝が「はじめまして。神代一樹さん。」と言ったのは違和感を感じました。
報道でコアラ男事件をを担当していた神代を知っていても不自然ではないですが…
そして二人の会話から、直輝があずさ(白石聖)と付き合っているのは、コアラ男の事件の真相を知りたいからだと分かりました。
「目的のためなら手段は選ばないと決めています」
このセリフは今後のストーリー展開でも重要なものになると思います。

 

門田はレンとリコを実験台とし、論文を世に出すつもりだった


門田(山崎樹範)と春男(山崎樹範)の会話から、門田の真の目的が判明しました。
門田はレン(清野菜名)とリコのことをまとめた論文を書いています。
そして、それが完成したら「記憶の塗り替えに成功した先駆者」として医学の歴史に名を刻みたい…のですね。
門田はここで気になるセリフを言っています。
直輝にレンを会わせない方がいい、リコが目を覚ましてしまうかもしれない…というシーンでのセリフです。
「そうなると私も困るんです」
この「私も」にちょっと引っ掛かっています。
「私も困るが、あなた(春男)も困るでしょう」とでも言いたそうなセリフです。
春男には「知っていて黙っていた」という罪以外にも、過去に何かありそうです。
後述しますが、それはレンの母・麻衣子(山口紗弥加)との関係でのことのような気がします。

Mr.ノーコンプライアンスと直輝が敵対


直輝はMNC(佐藤二朗)と話す際、「佐島さん」と言っていました。
そして偽ミスパンダの事件とコアラ男の事件は似ていると言い、
「あの時佐島さんは、要求に応えてあずさの命を救った。コアラ男には実際に会ったんですか?」
と迫ります。
ここでMNCはいつもの口調とは異なり「軽々しくその話題に触れるなよ」と言います。
今回のストーリーでは決定的に直輝とMNCが敵対しました。
ただ、5話の最後の辺りで佐島源造が大臣室でパンダチャンネルのコメントが荒れるのを楽しそうに眺めながら、
「自分がシロクロつけられる気分はどうですか?」と言っていました。
ここから推測されるのは、佐島源造が偽ミスパンダと飼育員さんを使って浜口を誘拐したのではないかということです。
捜査一課の刑事2人・三津谷と坂下をミスパンダ事件に駆り出したのも、佐島の指示かもしれません。

門田はレンを脅す


門田はレンにライターの火を見せたり、ひどい言葉を投げかけたりしていました。
完全にレンを自分の実験材料のように扱っています。
気になったのは、レンに「何ができる?君には無理だ。」と言っていたセリフです。
レンがネガティブになっているのは、門田により行動を抑圧する催眠でもかけられていたのでしょうか。
それともレンとしての性格は「従属的」だから「無理だ」と言っていたのかもしれません。
門田のPCの中の論文には「主導的ー従属的関係の成立」などと書かれてありました。
以下は門田の論文の読み取れた箇所の文章です。
「リコとレンは幼少時に、母・麻衣子からの接し方の違いによって「遺伝子がされ修飾(遺伝子が修飾され?)」正反対の性格である。
しかし一卵性双生児であるため、性格の基本性質は遺伝子の一致により同じである。
そのため、リコにはレンの性格を違和感なく自身に取り込むことが可能であった。
リコの主導的レンの従属的な傾向への分化に導いていったことは、望ましい性格の形成を考慮するにあたっても、
充分注目されてよいだろう。
対象双生児について、その学業成績や知能検査結果を見ても、現象的にはそうである。
成績の相対的に良い方は、主導的とされる者に、大体相当しているからである。
が、遺伝質同一の仮定が正しく、身体的気質的条件が特に異なるところがないのならば、主導的であり、
成績の良好なものの多くは、主導的ー従属的関係の成立が、逆に学業成績などにも影響をお…」
この論文から分かるのは、リコが主導的で、レンは従属的な傾向を持っていたということです。
このことは今後の考察の何らかの手掛かりになるかもしれません。
無題.png


7年前のショッピングモール爆破事件の真犯人は別にいるのか?


もし佐島が死刑囚の浜口を誘拐することを偽ミスパンダ達に指示したとすると、1つ疑問が生じます。
なぜ浜口を選んだのか…ということです。
7年前のショッピングモールの爆破事件の真犯人は別にいて、真犯人にとって浜口の再審請求は不都合だったために殺されたとも考えられます。
真犯人と佐島は関りがあるのでしょうか。
次回のシロクロ第6話では、爆破事件の犠牲者の遺族・陽一と恭子が偽ミスパンダと飼育員なのではないかと疑われるようです。
真犯人などはおらず、元の判決の通り浜口が爆破事件の犯人で、再審請求が通りそうなことに対して怒りの感情を持っている陽一と恭子が丁度良いから…と陽一も恭子も浜口も佐島に利用されただけなのでしょうか。

佐島ファミリーの歪んだ関係性


第5話の中でも、チェインストーリー#5.5でも、佐島源造と一郎(きづき)とあずさの関係性が描かれていました。
一郎は源造の秘書であり、源造の息子、あずさの兄だということが確定しました。
あずさは一郎の前では、直輝が許せないという本心を打ち明けていて、兄を信頼している様子でした。
本心を話すあずさの様子は、まるで子どもの様に爪を噛んだり泣いたりしていて、素をさらけ出しているようでもありました。
職場では見せない一面ですね。
一郎は「俺がなんとかしてやるよ。俺はいつでもあずさの味方だよ」と言って妹の信頼に応える兄としてふるまっています。
ただ、源造と直輝が密会していることはあずさに打ち明けていません。
一郎は、あずさにも源造にも本心を見せずに自分を殺して行動しているように見えました。
特に源造に対しては、非常に気を遣っているのが分かります。
チェインストーリーで源造は、「跡継ぎ」がいないと一郎の面前で臆せずに言います。
秘書をやっている息子がいれば、その息子が跡継ぎに普通はなるものですが…
一郎は何か過去に大失敗を犯したのかもしれません。
それが源造の今の一郎に対する態度につながっているのだと思います。
おそらくコアラ男の事件と関係しているのではないでしょうか。
一方あずさは、「父は私を怒らないので」と言っています。
源造はあずさが何をしても許すということですね。
源造はあずさに対しては愛情を持っているのがうかがえます。

春男と麻衣子の関係の謎


春男が麻衣子のいる療養所に面会行くのは、「久しぶり」だったようですね。
2人の会話から気になったところは、レンが次に面会に来るのは来月だよ…と春男が言いきったことです。
いくら親代わりだとしても、面会の頻度を制限できるものではないと思います。
なぜ、来月だと断言するのか…とても気になるところです。
麻衣子と春男とレン・リコの過去にはまだ秘密があると思います。
春男に関してはチェインストーリー#4.5でも気になる点がありました。
喋るぬいぐるみのパンダが「絶対クロ!」と言った後、春男の写真が燃える描写のところです。
そして5話でも、春男が手を洗うシーンが意味あり気に映されていました。
春男にはまだ視聴者に明らかにされていない「何か」があるようです。
無題.png

門田は誰に殺されたのか?


門田が自宅で血まみれになって殺されていました。
「ああ、じゃあ待ってるよ」と電話で話した相手に殺されたのだと思われます。
話の流れからすると春男が一番怪しいと思うのですが、門田は春男に対しては「です・ます」調で話していたので違うのかな…と感じました。
もしかしたら密かに覚醒したリコが殺したのでしょうか。
目的のためなら手段は選ばないという直輝も疑われてもおかしくないと思います。


次回のシロクロ6話では、Mr.ノーコンプライアンスがミスパンダの殺処分を直輝に命じるようです。
ストーリーが大きく動くと思われる回なので今から楽しみです。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ドラマランキング