10の秘密 第5話考察 10年前の火事・翼の母殺害は帝東建設が関与か? 高利貸しの永盛万能説…マネロンもできるのか?

フジテレビ系ドラマ「10の秘密」第5話が放送されました。衝撃回でした。

伊達翼役の松村北斗さんのキレる演技、すごかったです。
鬼気迫るものを感じました。
今までのセリフの無い表情だけの演技の存在感もすごかったですが、今回の狂気の演技に圧倒されました。
松村北斗さん、いずれハリウッド映画とかに出そうな予感がします。
そして圭太が今にも翼に殺されそうな感じで5話が終わりましたが、あの後の展開が気になります。


今回の記事では「10の秘密」5話とチェインストーリー#5.5の考察ポイントをまとめていきたいと思います。

宇都宮は圭太に嘘をついていなかった

「10の秘密」第1話で宇都宮(渡部篤郎)と圭太(向井理)が初めて会った時の会話が嘘ではない可能性が高まりました。
由貴子(仲間由紀恵)のマンションで二人が交わした会話…1話を見た時は宇都宮が圭太に嘘をついているかもしれないと思いましたが、これまでの流れから宇都宮の言葉に嘘は少ないのではないかと思いました。
由貴子も手帳と3億円を交換する際に、お金が揃っているかどうか・本物かについて何の心配もしていない様子でしたし…。
これからの考察をする上で宇都宮の言動は信用していいかもしれません。

そこで気になるのは、第1話での由貴子が脅されていた電話での会話です。
由貴子「いいかげんにして。10年も前の秘密、もう忘れて。」
おそらくこの誰かからの由貴子への脅しがあったのは本当のことだと思われます。

強気な由貴子がこんなセリフを言うなんて違和感を感じます。
「10年も前の秘密」…というからには、由貴子は電話の相手と「秘密」を共有しているのかもしれません。
由貴子と圭太との10年前の秘密とは、ちょっと異なるものなのだと思います。
それに関して脅された…これが何を意味するかがこれからの物語の中でとても重要なものになると思います。
後述しますが、帝東建設が火事のあった別荘地の開発プロジェクトに関わっていました。
由貴子を脅している相手はこのプロジェクトに関わりがあるのではないでしょうか。



高利貸の永盛は悪いことなら何でもできる万能な存在

高利貸の永盛らは偽造パスポートも用意できるし、偽のパトカーの用意もできる…すごい能力の高さです。
4話でもうっすら感じていましたが、5話を見てより一層、永盛は悪事なら何でも可能な設定なのだと思えてきました。
そしてチェインストーリー#5.5の内容から、これからも悪事の手助けをするだろうと考察できそうです。
そして圭太が由貴子から奪った3億にはマネーロンダリングが必要だと分かりました。
由貴子は黒磯という男にマネロンを依頼していました。
(ドバイで証券化した後、いろいろな国の金融機関を経由して、最終的にはきれいなお金になってヨーロッパの白石(=由貴子)口座へ送金される)
果たして圭太はどうやってマネロンするのか見ものです。
万能な存在の永盛がここでも活躍するかもしれません。
マネロンするまでもなくお金を奪い返されてしまうかもしれませんが…。
由貴子と圭太が対峙したときに、「お金は床下収納にある」と由貴子はカマをかけてきました。
その”カマ”にギクッとしたような表情を圭太は見せていたので、次回瞳を使って奪い返しにくるようですね。
でも現金を廃墟のようなビル?に移すのか分かりませんが、何とか奪い返されるのを防げるかもしれません。
無題.png

由貴子のキリがないほどの上昇志向について

由貴子の異常な上昇志向は幼少時に笑われたことから生まれたことが分かりました。
由貴子は幼少時に母親に大切に扱われていなかったのですね。
今由貴子が瞳(山田杏奈)にしているように、由貴子自身も母に利用された過去があるかもしれません。
人を見返すにはお金がかかる…無茶な投資、莫大な借金は人を見返すためだったのですね。
そして由貴子は帝東建設の社長・長沼(佐野史郎)のお気に入りだったことも判明しました。
いつか自分も切り捨てられるかもしれない、その前に先手を打ったのですね。
長沼が人を切り捨てるところを、おそらく何度も見てきたのだと思います。
これは宇都宮にも言えることのようです。
ここで由貴子と宇都宮は『同士』のような関係でもあったのだと思います。
だから宇都宮は由貴子を「助けたい」と言っていたのでしょう。

菜七子はバッグを目印にしてクラブで待ち合わせしていた?

菜七子(仲里依紗)がクラブで、若い男と待ち合わせをしているようでした。
いつもの菜七子とは全く違う雰囲気でしたね。
ああいう場所ではバッグはロッカーに預けるものだと思います。
菜七子は不自然にバッグを肩にかけていたので、男との待ち合わせの目印だと思いました。
男は菜七子の顔も見ずに背後から声を掛けていたので、おそらくこの可能性は高いと思います。
菜七子と男は初対面、何かの取引をしているのか、マッチングアプリを使って待ち合わせをしたのかもしれません。
あの後、クラブから移動してどこへ行くのか気になります。
菜七子のお父さん・照男(藤原光博)が「中学生頃から菜七子は親に何も話さなくなった」と言っていました。
菜七子は中学生くらいから秘密を抱えて生きてきたのかもしれません。
危険な橋を渡ることに必要なので護身のために空手を習っていたのだと思います。
もしかしたら永盛と繋がっている可能性もあるかもしれません。


翼の母・岩瀬夏子は誰に殺されたのか?

翼(松村北斗)が圭太にナイフで襲いかかる衝撃のシーンがありました。
翼の本名は「岩瀬真一郎」だったのですね。(字も字幕で判明しました)
「母は火事で死んだんじゃない。お前が母を殺した!あの火事を利用して!
逃げ遅れたと見せかけて…焼死じゃない。あれは殺人だ!
母は殺されたあの日、母を訪ねてきた男に。あれお前だよな?」
瞳が原因で火事が起きたのではなさそうです。
5話冒頭で「ずっと秘密にしてきた事実が、真実だとは限らない」という文字が書かれていましたが、
火事の原因は別にあって、火事で亡くなったと思い込んでいた人は殺されていたということのようです。

圭太が新聞記事を読むという回想シーンの、新聞記事から読み取れた文章を以下に記載します。
「…頭を打って逃げ遅れたものとみられている。
今回岩瀬さんは息子と2人で藤が丘の別荘に訪れていたが、
火災発生時、息子は外出中だったため、巻き込まれたのは岩瀬さんだけであった。」

火事が起きたのは夜です。
小さい男の子(10年前の翼はおそらく10歳前後ですよね)が夜に1人で外出は考えにくいです。
夏子を殺した犯人は、夏子だけを殺害するために翼を外出させていたのでしょうか。
それとも殺すつもりはなく、衝動的な犯行だったのかもしれません。

瞳が10年前の火事を思い出すきっかけのバーベキューは翼と一緒だったことが分かりました。
翼が知りたいのは、「母を殺した理由」だったのですね。
ここで気になるのは、二本松(遠藤雄弥)が翼の部屋を知っていることです。
これは何を意味するのでしょうか?
二本松が知っているということは、由貴子も翼の存在を知っていると考えるのが自然です。
由貴子が10年前の秘密のことで脅されていたこととも絡んでくるかもしれません。
ナイフで脅した圭太の反応を見て、母殺しの犯人ではないと翼は分かったかもしれません。
翼が、母親を殺害した犯人を探すために今後圭太の味方として動いてくれる可能性も出てくると思います。
無題.png

10年前の火事に帝東建設が関与しているのか?

宇都宮は圭太の職歴のデータベースを見て切り札としようと考えるようです。
予告で宇都宮は「告発してほしいんですよ」と言っています。
圭太の建築確認検査員・一級建築士の資格、長沼への「馬鹿にするな」という感情が
「切り札として使える」と思ったのかもしれません。
そして次回予告では更に、帝東建設が火事のあった別荘地の開発プロジェクトをしていたことが分かりました。
10年前の火事に帝東建設が関与していた可能性が高くなりました。
公式HP長沼のプロフィールに「トラブル」と書いてありますが、これは10年前の火災のことなのでしょうか。
翼の母は、そのプロジェクトのトラブルに巻き込まれて殺されてしまったのでしょうか。
ピアニストがなぜ?と思います。
予告で翼の母らしき人が映りました。
とても魅力的な人だったし、「母一人子一人」と言っていたので男性がらみのトラブルだったのかもしれません。

そして長沼は、やはり宇都宮を切る気満々でした。
宇都宮は由貴子と帝東建設との取引の受け渡し役でした。
やろうと思えばUSBも手帳もコピーできます。自分の保険のためにコピーしていてもおかしくありません。

5話で矢吹の手帳の内容が分かったので以下に備忘のため記します。
「経営戦略室の磐城さんにも掛け合ったが相手にされず、最後の警告と言われる。
どういうことだ。もしかして偽装建築を会社ぐるみで隠ぺいしてる?…」
「SRCの図面と写真を宇都宮室長に見てもらいたいが面会を断られる。
宇都宮室長では埒が明かない。長沼社長に直接掛け合ってみよう。」
「Sにはコンクリートと鉄筋が使用されていない分、耐震強度が劣ってしまう。
…長沼社長を待ち伏せして偽装建設について質問したが完全に無視された」
「あなたが彼の訴えを握りつぶそうとした会話もしっかり書かれてる」

無題.png

白河純子秘密とは何か?

公式HPの「スペシャル」に、圭太の母・純子役の名取裕子さんのインタビューが載っていました。
以下に少し引用します。

まだ事件に直接絡んでいるわけではないので、…」
「今後の展開で、純子の口からも秘密が出てきます。」
「言っていることの裏に、もう一つの秘密があったりしそうなところが、この作品の面白いところだ」
純子は今後、直接事件に絡んでくるようですね。そして純子自身にも秘密があるようです。
ベテラン女優の名取裕子さんがやっている役なので、結構重要な秘密なのではないかと期待しています。
小学校の教師だったということが関係してきそうな気がします。
純子は強いイメージなので、圭太と由貴子の攻防戦の強烈なスパイスになりそうです。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ドラマランキング